Make your own free website on Tripod.com

ゼークトハイマー城ミステリー殺人事件
(調査の章)

これはフィクションであり、まあ、原作とは何の関連もありません。



最後に安藤絵梨がよばれた。
というのも、コナンたちが安藤絵梨の存在を知らなかったため、
スケジュールの後ろに付け加えられたかたちになったのだ。
「安藤絵梨さんでしたね。」
「・・・はい。」
「昨日のあなたのスケジュールは?」
「ずーっと、厨房でした。」
「ずーっとですか?」
「はい、料理の下ごしらえなどを朝はしていましたし、
 昼くらいから食器の準備をしていましたし・・・。」
「このグラスは誰のものかわかりますか?」
「・・・わかりません・・・。」
「そうですか・・・。」
「・・・あの・・・。」
「なんですか?」
「私はやってません!!本当です!!」
「ま、まだ、あなたが殺したと入ってませんよ。」
「だって、私が毒を入れたと思っているんでしょ!?」
「そんなことありませんよ・・・そういえば、あなた以外に厨房にいたのは誰です?」
「・・・大宮さんと有明さんです。」
「他には?」
「わかりません・・・。」
「わからない?」
「・・・ぐずっ・・・だ、だって・・・ひっく・・・ものすごくつかれちゃって・・・、
 その・・・あの・・・厨房で・・・居眠りしちゃったんですもの・・・。」
「い、い、居眠り?」
「・・・ひっくひっく、ほんとうですぅ〜・・・信じてください・・・。」
「お願いだから、なかないで・・・な?」
「だって、わたし・・・ひっく、何もやってないのに・・・、
 ぐずっ、私のこと、疑うんですもの・・・。」
「だから、あなたが犯人だなんていってないって・・・。」
「ほ、ほうとうですかぁ?」
「も、もちろん、さ、もういいから、部屋で休みなさい。」
「失礼します・・・ひっく。」
安藤絵梨は今にも泣き出しそうな顔で部屋を出ていった。
「・・・つかれたぁ〜!!」
小五郎が思わずこういったとき、
「お父さん!!!」
蘭が部屋に怒鳴り込んできた。
「な、なんだ、なにかあったのか!?」
「何があったのかじゃないでしょ!!
 さっき出ていった人泣きそうだったじゃない!!
 どうして、そんなに厳しく追及したの!!!」
「な、なにいってるんだ、泣きそうなのは俺のほうだよ!!」
蘭と小五郎はこんな状況にもかかわらず、口喧嘩をはじめた。
「こんなときにのんきねぇ・・・。」
園子がつぶやいた。
「あれ、園子お姉ちゃん、藍菜お姉ちゃんは?」
「少し前にでていったけど・・・トイレじゃない?」
「元直、遅いわね。」
哀がいった。
「・・・ああ。」
コナンが同調した。

元直は展望台・・・いや、監視塔にいた。
(増田潤一郎って人が来るかもしれない・・・。)
元直はこんなことを考えて、監視塔に登ったのである。
「こんなところで何してるの!?」
後ろで誰かが怒鳴った!!
元直はびっくりして後ろを向いた!!
「藍菜お姉ちゃん!?ここにいたら危ないよ!!」
「それはこっちのセリフです!!
 どうして、こう勝手な行動を取るの!?」
「でも、もしかしたら、増田潤一郎って人が来るかもしれないじゃない。」
「・・・2、3日遅れて来るって言った人ね・・・。」
「うん。」
「でも、そんなことは大人に任せておけばいいの!!
 それとも、あなたはもう大人だって言いたいの!?」
藍菜が叫んだ。
「藍菜お姉ちゃん・・・。」
「・・・まるで、あの人にそっくりなのよ・・・。
 ・・・あの人に・・・。」
その時、うつむいた藍菜の顔から1滴の液体が落ちるのを元直は見た。
「・・・・・・。」
元直も黙り込んでしまった。
どのくらいこの静寂が続いたのだろうか・・・。


みんなが疲れ果てて自分の部屋で睡眠を取っているころ、
ひとつの影が廊下を動いていた。
やがて、その影はある部屋の前でとまった。
その影の手はぎらりと鈍くひかるものを握っていた・・・。
タイムリミットまで60時間・・・。




前のページへ

コナントップページへ